Rocco's log ~プログレ好きの警備員 trader with 社労士~

社労士試験、投機関連(大阪金先物が中心)その他諸々。このブログのトレードに関する箇所は、僕の勝手な相場観を書いています。価格も僕の予測に過ぎません。内容の正確さに最善は尽くしていますが、一切の責任を負うものではありません。売買は必ずご自分の判断で行って下さい。また、記事中で氏名の敬称は原則として省略しています。ご了承ください。

05/24,27 大阪金ミニ先物 +42円(8+34)

05/27はまだ到来していないのにここで書くのもおかしな話だが、現行の商品先物取引のルールでは、当日16:30以降の取引は翌取引日付となる。今回の記事には05/24  16:30以降に成立した売買も含むので、少し早いがそれも含め、05/27までの結果として書くことにした。この日は警備の仕事なので、おそらく取引はできないと思う。帰宅後に取引できたとしても、それは05/28付取引になるので、本欄の数字には影響はないしな。

 

 1   05/24  02:29  11822.0B  →  05/24  14:30  11826.0S     +     4.0 ×2

これだけが24日付けの取引。2以下は27日の区分となる。

この時は05/22  23時から始まった怒涛の下げがようやく一段落つくか、というところだった。確かにこの後、下げは緩やかになり、オシレータも底打ちを示してはいた。しかし実体の動きは緩やかで、急激な上昇には程遠い。まぁそうだろう。足掛け3日で、12150から11800にまで、350円以上の下落だもんな。

05/24の日中取引時間では、いったん上昇するかと見せかけて価格が叩かれたりしていたので、仕切まで長くかかるかと思っていたところ、13時をまわって価格が上昇しだした。そして14時をまわった。本欄では14時以降の値動きはトリッキー、と何度も書いているが、この日は割と素直に価格は戻してくれ、上記のように多少のプラスで終えることができた。

 

  2   05/24  17:25  11827.0S  →  05/24  23:15  11823.0B     +     4.0 ×2

1 でも書いたが、結構な時間と値幅を伴う下げだったので、戻りはいずれ叩かれると思い、売り仕掛けた。ところがここから約5時間、価格は下がるどころか、短・中期線に乗って上昇し、22時台に入って、ついには下げている長期線をとらえて、上昇に勢いが付きそうなところまで来てしまった。僕はこの時点で買玉も相当数抱えており、価格の上昇は本来歓迎すべきことなのだが、売り仕掛けた途端に上がるというのはどういうものかな。しかし結局、この辺りが戻りいっぱいで、22時半を過ぎて価格はようやく下落に転じてきた。

 

  3   05/24  23:27  11830.0S  →  05/24  23:48  11824.0B     +     6.0 ×2

  4   05/25  00:27  11813.0S  →  05/25  00:28  11806.0B     +     7.0 ×2

2 に続く下げをチマチマと獲ったのが3,4。15分足を見るとわかるが、この時間帯はローソク足の実体が長かったり短かったり、ヒゲも比較的上下に長かったりで、後から見ると結構不安定な状況だった。こう見てくると、昨日までのように、値幅を伴った安定的で分かり易い下げは、それほど多くないことがわかる。ドル建てはもう少し下があると思うが、円建ては、じわじわと円安が進んでいることもあり、それほど下は深くないかも知れない。安値を売りこんで捕まらないようにしないと。